フケの原因は頭皮の乾燥!?
頭皮に潤いを与えてフケを抑える頭皮トラブル用美容液
公式サイトは以下の画像をクリック


フケには種類がある?乾性フケと脂性フケの見分け方

カルシウムの食品

「フケって聞くだけでなんだか不潔」
「フケは髪の毛を洗っていないと出てくるんでしょう?」
「フケで悩んでいるって言いたくない、汚いと思われたくない」

 

そんな悩みを持っている人、かなり多いですよね。

 

どうしてフケが出てきてしまうのでしょう?

また、フケの原因となるものにはどのようなものがあるのでしょうか?

 

まず、フケには乾性フケ、脂性フケという2種類のものがあります。これは勘違いされやすいのですが、フケそのものの種類ではありません。「フケの原因となる環境」の事をさしています。

 

 

乾性フケ

一般的に頭皮が荒れてしまったり、乾燥しているために発生するフケのこと。
乾性フケの特徴はパサパサとした、軽いフレーク状であること。指で触ってもその部分がテラテラしません。においもすくないのですが量が多いので、お洋服によってはかなり目立ってしまうフケです。

 

脂性フケ

皮脂が多くベトベトした環境で発生するフケのこと。
脂性フケは、大きく湿った感じであることが多く、触るとべっとりとしていて、においがあることも。

 

 

どれも体質で発生するものではありますが、印象としては乾性フケの方が「まだマシかも……」「こっちのフケならシャンプーを毎日していれば大丈夫そう!」と思ってしまいませんか?

 

実は、そんなことはないのです。乾性フケでも、シャンプーによっては余計に悪化してしまったり、フケに加えてかゆみが出てきてしまうこともあるのです。

 

シャンプーのしすぎは特に注意。フケが出ているからと言って、ゴシゴシあらいすぎると頭皮が傷ついてしまいます。

 

フケが出てきた場合は、脂性なのか乾性なのかを見分けるだけでも、原因が分かるので対処もしやすくなりますよね。